スケジュール調整する時「相対指定」は、なぁなぁ防止に避けて置きたい所!

こんばんは、毎日勤務に追われている、チリツモ。です。

時間の確認は「相対指定」は絶対NG!

シゴトですもんで、相手さん(依頼者)が居てのワタクシめでございます。
何か依頼された時は、必ず「いつまでに必要か」(ほしいかではない)を確認することが重要です。

その時、時間や期間は「相対指定」はやめておいた方が良いです。

相対指定とはなにか。
お昼まで~~とか、来週中~~、とか、なるはやで~~~とか。

よくあるでしょ?こういうの。

こういうのはやめた方がいいです。
例えば、お昼一つとっても、人によって概念が違うので、
お互いヤキモキすることがあるかもしれません。

では、どうするか。
本日の正午リミットで、とか、来週○○日の何時まで、とか、
至急必要なので次の会議始まる30分前には!とかそんな感じにすれば良いと思います。

最近あった使用例です。

ワタシは他部署スタッフから資料を待っています。
それがないとワタシのシゴトが進みません。。
そういうシチュエーションです。

~内線電話にて~
ワタシ「もっしー♪あの××の資料、いつ到着でしょう?」
スタッフ「あ、なるはやで!持っていきますんで!」
ワタシ「他の依頼物がやんごとないことになっててどんづまってる。
    可能なら、1時間後の11時にとか持ってこれそう?」
スタッフ「11時はキビシイです~ 11時半なら!」
ワタシ「オッケーです。よろしくですー」

ハイ、これでいつ来るか、とモヤモヤしなくて済みましたね。
11時半に来るって言ったので、それに合わせてリスケすればいいだけのこと。

ちょっと指定を変えるだけで快適な勤務ライフを送れます。
まぁ、ルーズな人に当たっちゃうとこれも効かないんだけどねぇorz

ではね!

 

スポンサーリンク