もー!公的な文書に、フリクション(消えるボールペン)を使うなとゆうとるのに(怒)

勤務はがっつり事務職な、チリツモ。です。

会社に出すとか役所に出す等の書類に、
フリクション(消えるボールペン)で書いてくる不届き者がいましてねorz
今度から通達に「ダメよ」と書かないといけないか?と頭を抱えています。

フリクションが普及してもう10年くらいになるかと思うのですが、驚いたことに(?)未だその存在を知らない人々もいるみたいでですね、彼らとの間に温度差を感じるのです。

フリクション?なにそれ?消えるの?え?これもそう?
つか、公的文書で使っちゃダメなの?

今知った。

とかね。

役職に付いている人もそういう書類送って寄越すので難儀なのです。

チリツモ。は、便利なペンではあると思いますが、基本的にアンチ派だったりします。
メモ書き程度、個人の手帳にとかならいいんですが、書類に書かれるとね・・・。

だったら、メモ書きは鉛筆でもええやん、となるんですがね。

それどころじゃありません、
宅急便の伝票でしょ、封書の宛名・・・とか。

なんで、筆跡で分かるかというと、薄墨色なのですぐ分かるんですが、使わない人から見ると、フツーの黒ボールペンに見えるそうですな。(見分けられないのが)信じらんない!

やれやれ。

スポンサーリンク