ナスの味噌汁の「ナスを油炒めにする」の意味を理解しました

こんばんは、お料理は発見の連続ですね、チリツモ。です。

秋ナスで味噌汁を作りました。色落ちさせないコツ!

秋ナスの味噌汁、おいしいですよね~
でも、ナスを味噌汁にすると「色落ち」すること、ありませんか?

ナスを煮る前に「油炒めする」と色落ちしないの!

白ごはん.comさんが教えてくださいました。

ナスは、油炒めしてオイルでコーティングすると、煮た時に色落ちしにくくなるんです。
今日はその意味と意義を初めて理解できました。

というのも以前もそうしてみたんですが、色落ちしてしまってがっかりしてたんです。
原因は(やはり)ワタシにありました。

油炒めするオイルの量が足りなかったんです。

ちょっとたっぷり目のオイルでじゃっじゃっじゃーーーと炒めます。
その後出汁汁を入れるんですが、そのまま入れるとオイルギッシュになってしまうので、ペーパー等で軽くオイルを吸い取ってから、水分を入れて煮ます。

こうすると、色落ち少なく鮮やかなナスの味噌汁が出来るんですね!

ちなみに、チリツモ。は常時3種類の味噌を用意していますの。

単に趣味の問題なので、普段は1つあれば充分だと思います(^^;

しかしですね、味噌の国の人だもの。
具材によって味噌も変えたいじゃない?

例えば!

今回みたいなナスとか他にはアサリとか⇒赤味噌
大根とかカブとか⇒白味噌
その他⇒信州系味噌
具沢山には⇒麦みそ

あ、4種類になっちゃった!

味噌は冷凍しても凍りませんのでね。
これは!と見つけた味噌は迷いなくゲットしています。

味噌がたくさん色々あると、なんていうんですかね。
生活に潤いが出ます。

現在のように節制!節約!贅沢は敵!な状態でも、
なんかこう・・・ささやかな贅沢?みたいな。

ステキですよ

 

というわけで(?)
ナスは炒めると幸せになれるかも!という記事でした。

 

ではね!

 

 

スポンサーリンク