鉛筆式のアイブロウペンシルは、やっぱり専用の削り器を使った方が使いやすかった!

こんにちは、エンピツにも最適な削り角度がある!ということを知った、チリツモ。です。

アイブロウペンシルは、専用の削り器だとうまく削れた!

今までアイブロウペンシルは、普通の角度の鉛筆削り器で削っていたワタクシです。

それがね、それがまた芯が折れやすかったりしてストレス溜まってたんですよ。
カッターでやってみたりしてもうまくいかなくて。

あるとき、アイブロウペンシル専用の削り器をちふれで250円くらいで見つけまして、試しに購入してみたんです。

それで削ってみたら、あれよあれよとスルスル削れるじゃないの!

絶対、ペンシルの木の部分が、粗悪だから削れないのではと思ってたのですが、違いました。

角度が違うんです。
普通の筆記用のは尖がってますが、化粧用のはこう・・・丸っこく削れる、みたいな。

これはいいですよ・・・!(もっと早く気づけと)

ちなみに、ちふれのこの削り器は、芯が詰まりにくくなるように出来てて、
万が一、詰まってもすぐ取れるようにリムーバーもついています。
いちいち爪楊枝探さなくてもいいの!やったー

ではね!

 

 

スポンサーリンク