メンタルクリニックで先生とうまく話すコツ

こんばんは、昨日はメンタルクリニックの通院日でした、チリツモ。です。
先生も忙しい人だから、話すこっちとしてもそれなりの準備が必要なんですよねぇ、というお話です。

メンクリで先生とうまくやっていくキモをまとめてみた

ワタシが通っているところは、予約制で待ち時間はほとんどないのですが、診療時間もえらく短いところなんです。長くて5分かな。だから、相談したい事がある場合、簡潔にまとめていかなくてはいけません。

必要なのはメモ帳とエンピツ。
5分だと簡単な話だと2~3本、込み入った話だと1本がいいところ。
話したい内容を厳選します。そして具体的に落とし込みます。

抽象的であやふやな話をしてるとなにも進みません。
(例:最近ダルいんです~~とか、ツラいんです~~~とか)

今回は『急にメンタルが落ちて「リアルフリーズ」をしてしまうが、どう対処したら良いか』という相談をしに行きました。

この場合を例にとると、

  • 月に一度くらいの頻度で
  • 何の前触れもなく
  • 自分では制御できないほど気分が落ち込んで
  • 何も出来なくなる(起きてはいるけど出勤する為に家から出られなくなる)

こういう症状がありますよーっと伝えました。

ただワタシんとこの先生は、「そーですか、じゃーこーしてください」といった指示は出さないんです。相当患者によって個人差があるらしく、言葉を濁す。それだとラチが開かないので、

「こういう場合、先生としては一般的にどんなご指導をされることが多いですか?」

と、踏み込んでみます。そこで初めて「そーですねー」と「考えて」くれるのです。

結果、今回は「大方の場合、そういうときって身体が休みたいーと言ってることがあるんです、可能な限り、勤務お休みにするとかして休んだ方がいいですネ」というお言葉を頂戴することに成功しました。

ここで失敗こくと「じゃーなにかお薬増やしましょうか?」になってメンドクサイことになります(^^;

このブログでも何回も何回も書いていますが、精神科医って病気を治す人ではなさそうということを覚えておくといいかも。期待し過ぎない。

でも、診断書とか意見書は医師でないと書けないもので。
材料になりそうな「素材」を的確に提出する場、それが診察時間だと思っています。

良い診断書(正確なとは言っていない)を書いてもらうには、医師と良い関係をもってたほうが良いに決まってます。診断書ってA3の大きさで結構書く所があるんです。それをギッチギチに埋められる情報を提供しないと説得力のない診断書が出てきてしまします。

そう、メンクリに通う目的は「良い診断書」を書いてもらうためです。
メンクリは症状の経過観察をするところ。
ビョーキを治すのは結局最後はお薬を補助に基本自分。です。

まとめ

  1. 相談事は「具体的に」「簡潔に」する
  2. 先生に期待しすぎない。クリニックは検問と心得よ。
  3. 最後は自分頼み。
    補助のお薬そのものの相談は、薬剤師さんのが親身になって聞いてくれる

以上です。

いやー、診察終わった後のプチ外食が楽しみなんだよねぇ(コラ

来月も元気に生き延びましょう!

ではね!

スポンサーリンク