梅ジャム煮の腕を買われて!?南高梅を預かりました~

去年、なんかのお礼に、勤務先のおじさまに「梅ジャム」をプレゼントしました。
どういうわけか、奥様に好評だったみたいでして(^^;
今年は「煮てくれー」とリクエストされてたのでした。

とっても上質な南高梅を預かって、梅ジャムに煮ました

梅ジャムにするにはもったいないほどのグレードなんですよ。
完熟の南高梅を1kg預かりました。これで煮てくれと。

ギャラは、新鮮玉ねぎでございます(笑)
あと、持参のビンに詰めてなお余ったら、下さるとのこと。

乗ったーーーー!!!

というわけでして、勤務終了後帰宅した後、さっそくとりかかりましたよ。

奥様は、酸味のあるさっぱりしたのがお好みだということで、
ちょい糖分少な目でいくことにしました。

まず、梅を洗って・・・
ホシ(なり口とかヘタとも言う)を取ります。
これ大事ね。竹串で丁寧に取ります。

大きな鍋でひたひたのお水で、中火にかけます。
鍋は、ステンレスかホーローがおすすめです。酸なもので。

ぶくぶく言ってきたら、火を弱めて10分弱煮ます。
菜箸で刺してみて、ブスッとさせたら火を止めて冷めるまで待機します。

冷めたら、ビニール手袋を装着して、タネと実に分けます。
(あっというまにおててがシワシワになってまうので、ビニール手袋をワタシはします)

で、実の重さを計ります。
ここでは、756g-80g(ボウルの重さ)=676g
でした。

グラニュー糖の重さを出します。
甘さ控えめがいいってんで、今回は約45~6%のグラニュー糖を使う事にしました。
上白糖でも良いんですけど、砂糖の味が割とあるので淡泊なグラニュー糖がオススメです。

676gの46%なので、約310g。
・・・・って、309gですが。てへっ。

実を鍋に入れて、グラニュー糖を半量入れてごく弱火にかけます。
砂糖が何となく溶けたら、残りも入れます。

ここでちょいと味見を・・・。
うん、甘さが微妙に足んない!
お砂糖大さじ2ほど追加!

という塩梅に、素材に個体差がありますので、
様子を見ながら微調整していきます。

たえずかき回し、決して焦げ付かせないようにします。
ぐつぐつふつふつ言っているのが、パッチンパッチン跳ねるようになりますので、
そうなったらすかさず火を止めます。(大体6分経過ぐらいで音が変わる)

清潔なビンに少しづつ詰めます。
で、完成。背景がごちゃついているのはご愛敬orz

って、ちょうど2ビンに入りきってしまいましたがなーーーー!!!
ワタシの取り分どこーーーーーー?!
オーノーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

くやしいのぅ・・・くやしいのぅ・・・(笑)
(1kgの梅で、400gビン2本出来ました)

なので、ひとすくいづつ失敬して、
無糖ヨーグルトにかけて試食してみました。

ほぅ・・・・これが南高梅のお味・・・・・!!!

雑味がないというか苦みがないというか。
さすが、梅のエリート(?)であります。

追熟梅と完熟梅って、味が全然ちがう・・・・・!
なんてこったい!

というわけでして、良い経験をさせていただきました。
完成品は明日、引き渡す予定です。

以上、制作メモでした。

ではね!

スポンサーリンク